自動車の運転免許を取得する場合には、教習所に通学して取得する方法と、合宿をしながら取得する方法とがあります。ここ数年は合宿免許の方が金額も安いし、早くとれるということで大変人気があります。そこで実際にどのくらいの費用が掛かるのかということを考えていきたいと思います。

免許の取得期間について

合宿免許の最大のメリットとしては、なんといっても短期間で取得できるということです。通学しながら教習所に通う場合には、クラスが取れるときと取れない時があります。それは休日には多くの人が教習所に来るということが最大の原因です。そのため、夏休みや冬休み、春休みといった長期の休みには多くの免許希望者が集中して予約しますので、キャンセル待ちでクラスが空くのを待つというのが現状です。そのため自動車教習所で免許取得するのに2~3か月とされています。

ところが、合宿免許の場合は、2~3週間ほどで免許が取れるとされています。どうして合宿をしながら免許を取得する場合にはすでに免許取得するべくカリキュラムが組まれていて、それに併せてクラスが実施されるので、通常は決まった期間で免許を取得することが可能になります。

通学した場合の費用について

通学しながら教習所に通う場合には、費用として30万円前後かかりますが、合宿免許の場合はオフシーズンですと20万円を切る教習所もあります。合宿免許の場合は費用の中に宿泊費や食事代なども含まれているのに、どうしてこんなに価格差が出てくるのでしょうか。合宿免許がここまで安く価格を出すことが出来るのは一つは、競争が激しくて価格競争が起きているということもあります。マーケティングの場合、競争相手が多ければ多いほど、最後は価格勝負ということになるので、これはいかに合宿免許の世界が競争がはがしいのかということがわかります。それと、やはり免許の取得期間が通学する場合とは全く違います。通学の場合は入学して卒業する場合に3か月ほどかかります。これは通学の場合は、自由登校であるし、スケジュールも本人が自由に選ぶことが出来ますが、多くの人が集まるとなかなかクラスさえ取れないということもあります。そういうことも含めて、通学の場合は免許を取る時間がかかるというデメリットがあります。ところが、合宿免許の場合ですと、最短で2週間ほどで免許を取得することも可能です。どうしてそれが可能なのかというと、合宿に来ている人たちが自動車免許を取得することだけに専念できますし、教習所側としても入学から卒業までカリキュラムが組まれているので、そのカリキュラムさえ、クリアすれば免許を取得することが可能となります。このように合宿での自動車免許を取得する場合には、教習所の自動車の空車やクラスの空席なども、抑えることが出来るということもあり、同じ期間でも合宿の方がたくさんの教習生迎えることが出来るので、価格を抑えることが出来るため、価格を安くすることが出来るわけです。

お得に免許を取得するポイント

合宿免許を選ぶにしても、コストを抑えるということは大事なことです。合宿免許でコストを抑えるには、まず時期をオフシーズンを選ぶようにしましょう。通常は夏休み前とか秋のシーズンとかは価格を抑えることが出来ます。あとは、インターネットで検索をしてみると、教習所によって価格がずいぶん違ってきますので、まずはしっかり調べてみるようにしましょう。教習所によっては様々な割引プランもあるので、表計算ソフトなどで一覧表などを作ってみて、どういうメリットがあるのか、どういう割引プランがあるのかチェックしてみるといいと思います。ただ、教習所によっては評判が悪かったりすることもあるので、口コミのチェックは必ずしましょう。