薬剤師になるためには、まず大学の薬学部に入学して、そこで6年間しっかり薬剤師になるべく必要なことを学んだり、経験することで、やっと薬剤師の国家試験の受験資格を得る事が出来ます。そして、薬剤師の国家試験に合格することで、薬剤師になる事が出来ます。薬剤師の仕事は、医師と同様人の命に大きく関わる仕事になりますので、なるまでが本当に大変です。文系の学部ですと、4年で卒業する事が出来ますが、医学部と約ガブに関しては6年間の勉学が必要になります。その理由は、薬剤師は人の命に大きく関わる薬に携わっています。また、医師は患者の状態を診て、処方箋を発行しますが、薬剤師はそれを鵜呑みにするということはありません。その薬が患者の症状にあっているかどうかということを、チェックすることも求められています。そのため、薬剤に関しては医師よりも深い知識が必要となりますので、極めて重要な仕事になります。

薬剤師になれば、様々な場所で活躍する場所が提供されます。例えば、病院の薬局で勤務する場合もあれば、製薬会社で薬の開発に携わると言った研究職、あるいはドラッグストアで働くということもあります。薬剤師の特性やどういうことを実現したいのかということによって職場は変わってきます。ただ、薬剤師も就職したけれども、自分が求めている職場なかったということは、必ずあります。その場合に、その職場に残るという選択肢もあれば、転職するという選択肢もあります。ここでは、後者の転職についてもう少し深く考えていきたいと思います。

薬剤師の転職市場

では、薬剤師の転職市場とはどうなっているのかということを考えていきたいと思います。こちらについては、日本国内では人口が減っているということもあり、薬剤師の需要がなくなるのではないかと言われることもあります。実際に歯科医師などは、人数が多くなってしまって、患者の奪い合いに至ってしまい、売上が上がらない場合には廃業に追い込まれると言う話をよく耳にします。それと同じように薬剤師の仕事がなくなってしまうのではないかと心配する薬剤師の方も多くいます。ところが現実的には、薬剤師の転職市場は活性化していて、優秀な薬剤師に対するニーズはとても多いというのが現実です。その理由としては、薬の世界が日本国内だけではなく世界的にも求められているということです。あとは、薬剤は日々進化しているので、それに対応することの出来る薬剤師の存在は非常に大きいということが言えます。こちらは、西洋医学が日本に入ってきた明治時代の医療事情と現代の医療事情では全く違いますよね。極端に言えば、平成元年の医療事情と平成30年の現在の医療事情は違っていて、様々な発見などが薬剤に応用されています。例えば、2012年に京都大学の山中教授のiPS細胞などは、様々な医療現場でどのように活用されているのかと言う研究はずっと続いていますよね。このように、医療や薬剤は日々進化していることもありますので、薬剤師の存在は極めて重要な存在となっています。

薬剤師として転職するために心がけておくこと

そのため、医師などは過剰気味の状態ではありますが、薬剤師は転職市場においては売り手市場と言っても過言ではありません。ただ、売り手市場だからといって、自分を高めないような薬剤師は、やはりいくらそういう資格があっても求められません。大事なこととしては、薬剤者は科学に大きく携わっているというころもありますし、薬学や医学は日々進化しているので、自分の関わっている業界に対して常に強い関心を持って、どういう情報があるのかということは常にアンテナを張って、それに対して自分はどういう意見があるのかと言うスタンスはしっかり明確にしておきましょう。新しいことを学ぶという姿勢はとても重要です。それと、薬剤師は多くの人とやり取りをする必要になりますので、コミュニケーション能力は常に養っておくということは重要です。あとは薬剤師になるときにどういう思いを持ったかという初心をもう一度振り返ってみることも大事なことだと思います。