薬剤師の仕事は、一般的な文系の学部よりも2年長い修学期間があり、決して高くない学費を払って、薬剤師国家試験の資格を取得しないと、することの出来ないとてもハードルの高い仕事です。ですから、薬剤師の仕事というのは、ただ単に薬を調剤するだけではなく、薬の専門家として、豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識をもち、人の命と健康な生活を守る使命感・責任感を有する高尚な仕事です。

薬剤師が就職する際の大事なポイント

薬剤師が就職をする上で、大事なポイントとして大事なこととしては、

  • まずは薬剤師に合格できるようにしっかり勉強をするということ
    薬学部に入学をしようとする人は、目的意識が高い人なので、今更勉強というわけではありませんが、やはりまずは目的を達成するべく、頑張って勉強をすることが必要です。
  • コミュニケーション能力を磨くこと
    薬剤師になると、ただ単に処方箋で支持された薬の調剤をするだけではありません。医師との専門的なやり取りをすることもありますし、患者さんとのやり取りもあります。ここで円滑にコミュニケーションをすることで仕事がスムーズに進むことが出来ます。
  • 世の中の情勢を知るということ
    薬剤師は社会人ですから、社会の動きを知るということは絶対に必要です。就職先を探すにも、どう言う職種がどういう状況か知ることはとても重要な事です。したがって、ニュースやインターネットなどで定期的に関連情報を含めて知るという努力をするべきです。

薬学部を卒業して、薬剤師に合格をした人が就職をする先は大別をすると

  • 製薬会社
  • 病院
  • 薬局
  • ドラッグストア

です。

製薬会社の特徴

薬剤師にとって最も人気があるのが製薬会社です。新薬の開発など、薬学部で得た知識を活かせ、生涯賃金も非常に高いので人気が高いので、応募倍率も大変高いです。

病院の特徴

直接医療に携われることもあり、とても人気が高いのが病院です。ただ、給与がそれほど高くなく(一方で福利厚生は充実している)、仕事がとてつもなく忙しいということもあり、最近では敬遠されていることもあります。また、大都市圏の病院の就職は、人気がありますが、地方の病院だと就職がしやすいというのが現状です。

薬局の特徴

薬局は病院と比べて忙しくなく、給与も高く、今まで薬学部で学んだことを活かすことが出来るので、とても仕事にやりがいがあります。ただ、職場自体が狭いので、人間関係が悪くなると、居心地が悪いということもあります。

ドラッグストアの特徴

ドラッグストアは、薬学部で学んだことは当然活かせますし、店長になりますとお店の経営に携わることが出来ますから、社会人としての幅が広がります。一方で医薬品以外のものを扱っていることもあり、専門性が活かしきれないということと、お店はいつもお客様で埋まってしまっていることもあり、多忙を極めます。また、第1類医薬品は薬剤師しか扱えないと言うこともあり、シフトによっては休みにくいというのが現状です。