薬剤師になるためには、薬科系の大学に入学するということが絶対条件です。また、薬学部に関しては平成18年より4年から6年と修業年限が2年延長されました。これは、薬学的知識だけではなく、コミュニケーション能力など様々なスキルを身につける必要があるということにより決められたものです。

そうすると、大学6年間においてどのくらい費用がかかるというと、私立大学の薬学部で、授業料で年間200万円前後です。したがって、6年間でかかる費用は、入学金を除いて1,200万円かかります。薬学部を卒業すると、薬剤師国家試験に受験する資格を有し、薬剤師国家試験に合格をすると、薬剤師になることが出来ます。

薬剤師が就職する勤務先と初任給

通常薬剤師が就職をすると、

  • 病院
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 製薬企業

に就職をしますが、初任給はと言うと、病院の場合は初任給で月20万円~25万円、年収(初年度)で300万円~350万円です。(学士卒・手当を含む)調剤薬局の給料・年収では初任給で月22万円~30万円、年収(初年度)で350万円~400万円が相場です。ドラッグストアの給料・年収は初任給で月25万円~35万円、年収(初年度)は350万円~450万円で、製薬企業の給料・年収初任給で月22万円前後、年収(初年度)で300万円~300万円前半が相場といえます。

薬剤師の平均給与

また、厚生労働省の調査によると、企業規模で集計してみると、
1000人以上の大企業の場合、33才、勤続年数が7年で月収が35万円、年収は賞与込みで1008.4万円。100〜999人の中小企業の場合、35.6才、勤続年数6.1年で月収32.3万円、年収で798.8万円。99人以下の中小企業の場合は、41才、勤続年数7年月収37.8万円で年収は697.4万円ということで、これは日本国内においても相対的に給与は良いといえます。

求人は買い手市場

仕事の流通量については、これは常にニーズが有ると言ってもいいと思います。もちろん地域差ということもありますけれども、薬剤師専門の求人サイトであるマイナビ薬剤師(https://pharma.mynavi.jp/)では、常に安定した求人の募集があります。ちなみに都内での薬剤師で検索をしてみると、4000件以上の求人案件がありますので、医療の場合は、あまり景気は関係ないので、その点も常にニーズがあるといえます。

人気がある求人は、買い手市場と言うこともあり、福利厚生の充実している病院は人気があります。病院の場合求人情報の給与は、370万円から580万円ですが、福利厚生も充実していて、他には手当なども充実しているところも人気のある要因でもあるようです。