薬剤師になるのはとても大変です。患者の命に大きく関わる薬のプロである薬剤師になるためには、まずは薬剤師の国家試験に合格しなければなれないのですが、薬剤師の国家試験を受けるためには、大学の薬学部を卒業して、国家試験を受ける資格を得る必要があります。それほど、薬剤師になる事自体が大変なのですが、薬剤師としてある程度勤務をすると、今後自分のキャリアをどのようにすれば良いのかということを、つまり、キャリアアップをするにはどうしたら良いのかと考える薬剤師の方は実に多いというのが現状です。では、実際にキャリアアップを考える薬剤師には具体的にどういうことを考えるのかと言うと、今後自分が薬剤師としてキャリアアップをするためにはどのような資格を取得するべきなのかということです。

薬剤師がキャリアアップする資格というと、認定薬剤師や専門薬剤師があり、認定薬剤師や専門薬剤師とは、薬学分野で実務や経験に基づき一定水準以上の知識・技能を兼ね備え、さらに学術・研究活動の実績を持っている薬剤師を「認定薬剤師」として認定する制度です。一定の研修や試験を受けて実績をあげた薬剤師に様々な団体から各種認定証が発行されます。認定薬剤師として認められた次のステップとして専門薬剤師の認定があります。それぞれの専門領域の研究業績が吟味されてはじめて「専門薬剤師」と認定されます。

専門薬剤師については、様々な団体から認定されるのですが、著名な団体としては、日本病院薬剤師会、日本薬剤師研修センター、日本医療薬学会などがあります。

日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師

日本病院薬剤師会が認定する専門薬剤師には

  • がん専門薬剤師
  • 感染制御薬剤師
  • 精神科専門薬剤師
  • 妊婦・授乳婦専門薬剤師
  • HIV感染症専門薬剤師

です。これらの専門薬剤師になるためには、それぞれの専門領域での実務、一定期間の研修や講習で知識と技能を磨き、試験に合格することで認定される「認定薬剤師」の認定を受ける必要があります。その後、一定の研究発表や学術論文の実績を上げて、試験にそれぞれの専門薬剤師の試験に合格してはじめて「専門薬剤師」の申請を行う事が出来ます。また、この専門薬剤師に認定期間は5年で、5年ごとに更新が必要です。

日本薬剤師研修センターが認定する専門薬剤師

日本薬剤師研修センターは、1989年に薬剤師の生涯学習を支援し推進することを目的として、厚生省薬務局の認可のもとに設立された財団法人です。
日本薬剤師研修センターが認定する専門薬剤師が認定する専門薬剤師は、

  • 研修認定薬剤師
  • 漢方薬・生薬認定薬剤師
  • 小児薬物療法認定薬剤師
  • 認定実務実習指導

の4つの認定を受ける事が出来ます。

日本薬剤師研修センターの認定薬剤師になるためには、期間内に日本生薬学会と研修センターが実施する研修を受けて必要単位を取り、試験に合格しなければなりません。認定期間は3年間で、その後3年ごとに更新が必要です。

日本医療薬学会が認定する認定する専門薬剤師

日本医療学会が認定する専門薬剤師には、

  • 認定薬剤師
  • がん専門薬剤師
  • 薬物療法専門薬剤師

があります。これらの専門薬剤師になるためには、日本病院薬剤師会、日本薬剤師研修センターと同様、日本医療学会が決めた要件を習得して、決められた条件をクリアしなければ認定されません。

その他の団体による専門薬剤師

以上の3つの団体の専門薬剤師になるためには、それぞれの団体が決めた要件をクリアする必要があります。また、これらの団体以外には、

  • 公認スポーツファーマシスト
  • 緩和薬物療法認定薬剤師
  • 抗菌化学療法認定薬剤師
  • プライマリ・ケア認定薬剤師
  • 救急認定薬剤師
  • 腎臓病薬物療法専門(認定)薬剤師

というような資格があります。