6年制薬学部については、平成18年度から、薬学部のカリキュラムのうち薬剤師を養成することを主な目的とする課程の修業年限が4年から6年に延長されたことがその背景となっています。

文部科学省において、就学年数を4年から6年に延長した背景は、医薬技術や医薬品の創製に携わる学生に必要な知見として

  • 基礎的な知識・技術
  • 豊かな人間性
  • 高い倫理観
  • 医療人としての教養
  • 課題発見能力・問題解決能力
  • 現場で通用する実践力

が、必要されており、これらの能力を身につけるための教養を習得する必要があるとされています。また、このような教養を習得も大事ですが、医療従事者として現場に出た時にはある程度の実践力も必要ということもあり、臨床の現場での実務実習を行う必要があります。そうすると、4年の修学期間ではやはり短いということから、薬学部における修業年限が6年に延長ということになりました。

この6年間の修業期間において、各大学の薬学部においてそれぞれカリキュラムを決めております。ただ、ほぼカリキュラムについてはほぼ同様ですので、一般的なカリキュラムをご紹介します。

1〜3年次のカリキュラム

薬学部において1年次におけるカリキュラムは、まず、大学生としての一般的な教養を学びます。これは、他の学部とほぼ同様です。ただ、薬学と言うのは、知識や経験だけでマスター出来るほど簡単なものではなく、病気などで苦しんでいる人を治す、或いは助けるということになると、倫理的な意識も習得する必要があります。専門的な部分については、生物学、化学、物理学などを各論として実学や実習で学ぶことにより、医学者として科学的な知識の習得を目指します。

4年次以降のカリキュラム

4年次以降の薬学部のカリキュラムとしては、3年間に学んだ科学的な知識を今度は、総合的に学び、実践的に活かせるようになることを目指します。具体的には、演習で学ぶことにより、座学的な学問を習得し、現場での実習を行うことで実践力を学びます。まず4年次にCBTとOSCEに合格をし、合格をすると、大学病院で実習をするのですが、通常このような業務において調剤力を身につけ、更には、医療コミュニケーションを学びます。6年時においては、最終的な目標でもある薬剤師国家試験の合格をするべく、今まで学んできた知識や教養を身につけつつ、臨床医学、総合演習、臨床薬学実習及び演習を行います。