薬学部のかかる費用

大学の薬学部の学費は私立大学の初年度納入費用は、全国平均で250万円弱かかります。2年次以降は200万円ほどかかりますので、6年間で1,250万円かかります。

国公立大学の学費は、初年度納入額が100万円前後かかり、2年次以降では60万円ほどなので、6年間ですと400万円は最低かかります。

このように薬学部というのは、卒業をするにしても現実的な問題としてそれ相応の金銭的な負担というものがあります。そうしますと、ある程度経済的なことも無計画で進めると失敗しますので、奨学金制度を利用せざるを得ないということになります。

1000万円借りた場合の返済額

通常1000万円を奨学金として借りた場合に、20年の返済で4.5万円ほどが返済額になります。実際に、どの程度の返済額になるのかということに関しては、学生を対象にした奨学金を貸与を行なっている日本学生支援機構のウェブサイトで、返済額シミュレーションが用意をされているので、ご参考に使ってみてください。
奨学金貸与・返還シミュレーション
http://simulation.sas.jasso.go.jp/simulation/

毎月5万円弱の返済と言うのは、仕事をしながらということになるので、かなりの負担になります。ですから、様々な奨学金の制度があるので、自分のことですから、しっかり調べてみることが必要です。

特待生制度

一つは入学をする際に特待生入試という精度を設けている大学があります。特待生入試で合格をすると、授業料の免除などがありますので、特待生制度がある大学を選んで、その概要を調べて、特待生になれるように一生懸命勉強するという方法があります。この特待生もランクがありますので、成績が良ければよいほど、学費免除は優遇されます。ただ、特待生に合格をしなくても、試験自体の合否は出ますので、一般入学試験で合格点に達していれば、一般と同様の学費を払うということになります。

給付型奨学金をチェックしてみる

また、奨学金は、貸与型ではなくて給付型奨学金というものもあります。給付型の奨学金と言うのは、意外と多くあります。インターネットで、「給付型奨学金」で検索をしてみると、意外といろいろな給付型奨学金がありますので、学費を払うために毎月数万円を返済に回していくということになると、経済的な負担も多く、経済的な負担が多いということは様々な影響を生活に与えてきますので、できるだけ自分の負担にならないように奨学金を調べていくことがとても大事です。

また、大学によっても、特待生入学以外にも奨学金を給付してくれる大学がありますので、大学を選択肢にしてもいいのかもしれません。