薬剤師になるためには

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格をしなければいけません。しかも、薬剤師国家試験を受けるためには、薬剤師国家試験の受験資格がないと受けることが出来ません。

薬剤師国家試験の有資格者とは

まず、受験資格を得るためには2つの方法があります。一つは、6年制の薬剤師養成課程(名称:薬学科、漢方薬学科、医療薬学科、健康薬学科など)に入学をして、卒業をする必要があります。もう一つは、4年制の薬学過程に入学をして、卒業をしてから、薬剤師受験資格が得られる一部の大学院に進学をして、不足科目の履修と実務経験を積んで受験資格を得るということが必要になります。

薬剤師になるために、大学に入学をせずに専門学校や短期大学に入学をして、薬剤師になれるかどうかということもありますが、これは結論から言うとなれません。つまり、薬系の大学に入学をして卒業をしなければ、薬剤師になるための薬剤師国家試験の受験資格を得ることが出来ません。したがって、薬剤師になるためには、薬系の大学に入って卒業をするということが絶対条件となります。

薬剤師国家試験の概略

では、薬剤師国家試験の概要をご説明します。

まず、この国家試験で問われている内容は、

  • 薬剤師の資格を持っているものとして、知っておかなければいけない知識があるのかどうか。
  • 薬学全領域に及ぶ一般的な理論や医療が中心の実践の場において必要とされる知識・技能・態度等を確認する。
  • 薬学に関する基本的な知識と実践に関する総合的能力が体験的に習得されているかどうかを確認する。

と言うもので、薬剤師国家試験の特徴は、試験は2日間にわたり、7教科、3区分、345問で行われます。
詳細は次のとおりです。
科目:「物理・化学・生物」、「衛生」、「薬理」、「薬剤」、「病態・薬物治療」、「法規・制度・倫理」、「実務」
区分:「必須問題」90問、「薬学理論問題」105問、「薬学実践問題」150問が出題されます。

薬剤師国家試験の合格基準と合格率について

薬剤師国家試験に合格するために必要とされているのは、合格基準についてですが、
必須問題は90問中70%以上の正解率が必要で、かつ、各項目の正解率は50%である必要があります。薬学理論問題と薬学実践問題については、255問ありますけれども、こちらは各項目の正解率は35%以上となっています。そして、合計で正解率65%以上が合格ラインとされています。

では実際の合格率はというと、直近の第100回薬剤師国家試験に関して言うと、受験者数14,316名(出願者数:16,546人)に対して、合格者は9,044名。合格率は63.17%です。この割合は、6年制卒業者(新卒者、既卒者を含めて)に限定すると、13,706名の受験者に対して、8,930名の合格者で、65.15%の合格率です。また、それ以外の有資格者の割合は、610名中114名の合格者数で、18.86%です。

  • LALAの補整下着販売/店舗で補整下着の扱いを検討しているなら、LALAの下着はいかがでしょうか。初期投資が必要なく、成功事例も多数。サロン経営に違いを持たせたい方にお薦めです。
  • http://kibougaoka-seikotsuin.net/funin-2/は横浜の希望ヶ丘整骨院です!当院では交通事故治療・肩こり・腰痛・不妊治療・ダイエットまで様々な鍼灸治療を行っております。

このページの先頭へ